地直し

よみがな じなおし

地直し絵1
購入したばかりの生地には歪みがあることがあり、その状態で縫うと、完成後、ハンガーにつるしていたり、洗濯した後に衣服の形が崩れてしまうことがあります。

これを防ぐため、水に浸したり霧吹きして一晩寝かせたり、アイロンを当てたり、手で引っ張ったりして布目を整えることをさす。

素材によって性質が異なるので、その素材によって

縫製工場などでは地直しはしません。
日本の生地は生地出荷前に生地に水分と熱を加えて目を正す処理をしているので、あえて工場では地直しはしないのです。

何店舗か生地問屋さんに質問をしたのですが、現在日本で作っている生地は大方その処理がしてあるので、皆さんが使用する際もあんまり気にしなくていいとおっしゃってました。
特に化繊は必要が無いと言ってました。

ただ、繊維の種類によっては、目地がどうという前に、洗濯すると縮むという性質の生地もあるので、先に水に通して縮ませる為に地直しすることもあります。
麻とかガーゼとか。

その時に洗濯機に入れてぬらして→脱水→乾燥器へとすると型崩れがひどくなった挙句、元に戻りにくくなるのでやめた方がいいよ。

地直しの関連ページ


英語表記


Preshrinking 縮まる生地の地直し



  • 最終更新:2010-06-12 18:18:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード