アセテート

acetate
(半合成繊維)
酢酸繊維素(さくさんせんいそ)とセルロース繊維素から作られた繊維(より合わせていない一本一本の状態の糸)。

天然の原料(木材パルプ等)を原料に、合成した化学品を反応させ、半分天然半分合成科学品の繊維を作ったと言うことらしい。

絹に似た感触と光沢がある。
強度が弱い。
長所は、軽い・シワになりにくい・型くずれしにくい。
弾性(元に戻ろうとする力)がある。
プリーツ加工やエンボス加工もできます。
1920年代に工業化が進み、日本では昭和12年に国産品が製造された。
服地、セーター、カーテン、洋傘などに使用されるそうです。


除光液などアセトンの含まれる液体が付くと溶けるので注意!

  • 最終更新:2010-08-28 00:53:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード